企業向けデータ分析ソフトウェアの SAS Institute Japan は、SAS ソフトウェアの基盤となる分析プラットフォーム最新版「SAS 9.4」の国内販売を開始した。

SAS 9.4 では、現行のオンプレミス型、ホスティング型に加え、パブリック/プライベートクラウド型などにも導入できるようになった。

また、インメモリ分析技術でビッグデータを短時間に処理・分析できる「SAS High-Performance Analytics」機能を、従来の MPP(超並列処理)型だけではなく、新たに SMP 環境(シングルサーバー)で活用できるようになった。

さらに、ソースコードを見直し、クラウド環境と親和性の高いアーキテクチャに変更、プライベート/パブリッククラウド環境に導入できるようにしたほか、セキュリティ機能を強化し、業界標準の暗号化アルゴリズムを誰でも利用できるようにしたり、分析プラットフォームのアーキテクチャを見直し、複数の SAS 環境を単一画面で監視、管理できるようにした。

そのほか、単一障害ポイントを排除し、クラスタリング構成にデフォルトで対応、導入作業時のウィザードベースの設定で、可用性と負荷分散を考慮したクラスタリング構成を構築できるようになった。

SAS 9.4 版製品の第一弾はビジュアルデータ探索ソフトウェア「SAS Visual Analytics」最新版。

また SAS 9.4 では、ビジネスニーズに合わせて機能を特化した6種の「SAS High-Performance Analytics」パッケージも同時に販売、「データマイニング」「テキストマイニング」「最適化」「統計解析」「フォーキャスティング(予測)」「計量経済分析」の6つの分析手法/分野からなる、あらゆる業種に適用可能な網羅性と、洞察の獲得に不可欠な機能を包括的に提供する。

これらの製品は、MPP 型インメモリ分析エンジンであり、RDBMS では困難な複雑な分析処理を分散並列処理で実行できる。ユーザーは今後、シングルサーバー版(SMP 環境)からスタートし、データの増大やビジネスのスピード要件に応じて、MPP 型にスケールアウトできる。

分析プラットフォームの「SAS」 9.4 でクラウドに対応
SAS Institute Japan トップページ