Twitter は、日本時間8月2日23時21分50秒に1秒当たりツイート(投稿)数(TPS:Tweets per second)が過去最高の 14万3,199TPS を記録したと発表した。この時間は、日本テレビ放送網系列でアニメーション映画「天空の城ラピュタ」が放送されており、いわゆる“バルス祭り”の影響とみられる。なお、このとき Twitter のサービスは停止することがなかった。

日本のインターネット ユーザーのあいだには、天空の城ラピュタがテレビで放送される際、主人公たちが空飛ぶ城を崩壊させる呪文「バルス」を叫ぶタイミングに合わせて掲示板などに同じく「バルス」と一斉に書き込む習慣がある。今回の記録更新も、主人公が「バルス」と発したのとほぼ同じタイミングだった。

前回2011年12月13日に放送された際の“バルス ツイート”は 2万5,088TPS で、当時は史上1位だった。しかし、この記録は2013年1月1日に投稿された“あけおめ(明けましておめでとう)”ツイートの 3万3,388TPS に抜かされていた。今回 14万TPSを超えたことで、記録を大きく塗り替えることとなった。

Twitter、「バルス」で秒間14万3,199ツイート、2013年の「あけおめ」を引き離し首位奪還
記録更新を伝える公式ツイート