米国 Google は、オンライン地図サービス「Google Maps(Google マップ)」と連携し、ユーザーの撮影した360°パノラマ写真「Photo Sphere」を共有できる新コミュニティ サービス「Views」を開始した。Views 用の写真は Android 4.2 以上を搭載するスマートフォンなどで撮影可能。同社は Web サイトで写真の投稿を受け付けている。
 
「Google マップ」に360°パノラマ写真の共有コミュニティ「Views」がオープン
Photo Sphere 写真の例

Photo Sphere 写真は、水平および上下に360°見回せる、ストリートビュー画像風のパノラマ写真。Android 4.2 以上には撮影機能が搭載されており、画面の指示に従って複数枚の写真を撮ることで作成できる。また、一般のデジタルカメラでも、サードパーティ製パノラマ写真作成ソフトウェアを使って Photo Sphere 写真を作ることが可能。
 
 
Android デバイスで Photo Sphere 写真を撮影
 
Views へ投稿するには、まず Google+ アカウントでログインし、Google+ のアルバムに保存してある撮影済みの Photo Sphere 写真をインポートする。撮影に使った Android 端末のフォト ギャラリーから直接アップロードして投稿する方法もある。

Views 用の Photo Sphere 写真には、ジオタグと呼ばれる位置情報を付加しておく必要がある。これにより、それぞれの写真が Google Maps の地図上に配置される。

投稿された Photo Sphere 写真は Views サイトの地図から探したり、各投稿者のページのサムネイルから選んだりして閲覧できる。
 
投稿者の Photo Sphere 写真ページ
投稿者の Photo Sphere 写真ページ