日本 IBM は、セキュリティインテリジェンス ソフトウェアの最新版「IBM Security QRadar V7.2」とその廉価版「IBM QRadar SIEM All-in-One 2100 Light」を発表した。販売開始は8月12日。

V7.2 では、7万種類以上の脆弱性やセキュリティ関連最新情報をもとに、管理対象の IT システムをスキャンし、最新の対応状況を一元的に可視化する「IBM Security QRadar Vulnerability Manager」機能を、新たに実装した。

日本語を含む多言語コードのログ収集および解析の正式サポートや、機器情報管理ソフトウェアとの連携など、従来の機能も強化した。

また、V7.2 から、システム内の機器や端末の識別が、これまでの IP アドレス単位に加え、機器や端末に割り当てられる物理アドレス(MAC アドレス)などの固有情報での認識にも対応する。

さらに、ユーザー ID 統合管理ソフトウェア製品「IBM Security Identity Manager」や、シングルサインオンなどのアクセス管理ソフトウェア製品「IBM Security Access Manager」と連携し、ユーザー単位でのデータも分析対象に加えることができる。

販売形態は、ソフトウェアライセンス、物理アプライアンス、仮想アプライアンス。利用料金は、ログ管理のみであれば119万3,850円(税込、仮想アプライアンス)から。すべての機能を利用する場合は1,109万940円(税込、仮想アプライアンス)から。

日本 IBM、脆弱性対応状況を可視化する「QRadar」を発表
IBM Security QRadar Vulnerability Manager ダッシュボードイメージ

廉価版は、IBM Security QRadar の基本的な機能はあるが、ログ収集量は半分となるもの。中規模以下のシステムや監視対象を限定した適用、試験的な導入向け製品。

利用料金は708万8,550円(税込、「Security Information and Event Management」機能利用の物理アプライアンス)から。