キヤノン IT ソリューションズ(キヤノン ITS)は、企業などがデータセンターを移設する際に必要となるシステム構築/運用、ネットワーク回線構築、機材調達、計画策定、移設実施などの業務を、包括的に請け負うデータセンター移設支援サービスを本格提供開始する。

キヤノン ITS は、グループ会社のキヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)がグループ用基幹システムのメインサイトを幕張事業所から「西東京データセンター」に移設する業務を担当。約2万人が利用するシステムの全49ラックを休止3日で移せたノウハウを活用し、他社向けサービスとして本格的に提供していくもの。移設先および移設元は、西東京データセンター以外でも対応可能。

キヤノン ITS が「データセンター移設支援サービス」を本格提供、関連業務をワンストップで
キヤノン ITS が担当した
キヤノン MJ のシステム移設業務

同サービスは、「移設コーディネートサービス」「移設コンサルティングサービス」という2つのサービス レベルを設け、移設に関わるすべての作業にワンストップで対応する。具体的には、移設プロジェクトの立ち上げから、既存システム調査、要件定義、機材調達/運用環境準備、移設、運用までを請け負う。オペレータ教育/引き継ぎ、プレテスト実施、社内外への事前アナウンスも行う。

こうしたサービスを利用するメリットとして、キヤノン ITS は(1)システム停止時間の大幅な削減、(2)移転関連リスク/コストの最小限化、(3)移設経験の少ない顧客の負担軽減、などを挙げる。さらに、移設後にヘルプデスクや監視サービス、運用/保守といったシステム運用サービスも 同社グループから受けやすくなり、システムの安定稼働と運用効率向上につながるとしている。

今後キヤノン ITS は、西東京データセンターを中心にデータセンター事業を強化する。データセンター サービスやシステム運用サービスなどのストック型 IT サービス事業全体で、2015年に売上高500億円を目指す計画。

データセンター移設支援にともなう関連サービス
データセンター移設支援にともなう関連サービス