NTT コミュニケーションズ(NTT Com)は、同社の各種「OCN」サービスに使うアカウント「OCN ID」の管理サーバーが不正アクセスを受け、最大で約400万件の OCN ID 用メールアドレスおよび暗号化済みパスワードが漏洩(ろうえい)した可能性があると発表した。対象ユーザーにはメールで連絡し、パスワードの再設定を依頼していく。

NTT Com は、2013年7月23日に OCN ID 用サーバー上に不審なプログラムのファイルが5つ存在することを発見。調査したところ、OCN ID のメールアドレスとパスワードを外部に送信するプログラムであることが分かり、機能しないようにした。ただし、それまでに最大約400万件の情報が流出したおそれがあるという。

流出したと見られる情報は、メールアドレスと暗号化されたパスワードのみ。それ以外の情報漏洩は確認していない。

なお、OCN ID 用メールアドレスで利用可能なサービスには、「OCN メール」「OCN マイページ」「マイポケット」などがある。