NEC と米国 HP は、基幹業務系システムやブレード分野での技術開発を促進するため、戦略的なグローバルアライアンスを拡張する。

NEC と HP は1995年に戦略的パートナーシップを締結、NEC は HP の Unix OS である HP-UX をベースにした大規模基幹業務向けの IT システムやソリューションを販売してきた。

両社はこれまで、HP-UX、HP Integrity サーバー、そして NEC NX7700i シリーズにおける協業体制から実績を積み上げてきたが、今回その協業領域を、次世代基幹業務向け x86 サーバー領域に拡張、ソーシャルネットワーク、モバイルコンピューティング、クラウド、ビッグデータなどの新たな IT 潮流で求められる高可用性システムを提供していく。

協業領域の拡張で、HP の Superdome2 とブレードテクノロジーを基盤とする高拡張性サーバーシステム DragonHawk(開発コードネーム)を含め、多様な基幹業務向けプラットフォームで先進技術の開発が加速される。また、NEC と HP は、共同開発したソリューションを世界市場で展開する計画。HP は「HP Project Odyssey」との一貫性を維持しつつ、柔軟性に優れた、エンタープライズ領域でのユーザー固有のニーズに対応するソリューションの選択肢を拡大する意向。

Project Odyssey は、x86+Linux/Windows プラットフォーム上で稼動する基幹業務システム向けの製品を拡充する開発プロジェクト。

NEC と HP、エンタープライズコンピューティングにおける戦略提携を拡張
ミッションクリティカル市場の変化(提供:Hewlett-Packard)