英国の Linux ディストリビュータ Canonical は、Ubuntu Forum が不正アクセス攻撃を受け、サイトを停止中と報告している。Canonical では現在復旧作業中。

UTC(Coordinated Universal Time:協定世界時)7月20日20時11分に不正アクセスの報告があり、20時15分にはサイトを停止したが、攻撃により、ユーザーのローカル名、パスワード、電子メールアドレスが Ubuntu Forum のデータベースから流出した模様。

パスワードは平文ではなく暗号化したものが格納されているが、電子メールなど他のサービスで使っているパスワードと同じものであれば、すぐさま、他のサービスのパスワードを変更することを同社は勧めている。