東京大学大学院情報学環NTTKDDI 研究所日立製作所NEC および富士通は、米国ユタ大学の協力を得て、広域仮想網「日米ネットワーク仮想化テストベッド」をもとに、世界で初めて、日米間にまたがるマルチドメイン環境でプログラマブルに制御できる新たな仮想網の構築に成功した。

今回の日米のネットワーク仮想化テストベッドの相互接続により、従来のインターネットでは実現できなかった新しいネットワークサービスに関する国際実証実験が可能となり、今後の、世界レベルの新世代ネットワーク技術の実用化に向けた研究開発の加速が期待される。

世界初、東京大学などが高機能仮想網を日米間のマルチドメインで実現
実験全体概要図

スライス相互接続(スライスフェデレーション)概要図
スライス相互接続(スライスフェデレーション)概要図

近年、次世代ネットワークとして、ソフトウェアによってプログラマブルに仮想的なネットワークを実現する SDN(Software-Defined Networking) や NFV(Network Functious Virtualization)の実現が期待されている。情報通信研究機構(NICT)でも JGN-X 上で、ネットワーク仮想化技術を用いたテストベッドを運用した新しいネットワーク技術の実証が進められている。一方で、グローバルな仮想ネットワークの実現に向けては、米国と日本でアーキテクチャや実現方式が異なるため、相互接続が困難であるほかに、従来のネットワーク仮想化技術では通信品質の保証ができず、高品質なサービス提供が難しい、という背景があった。

上記の6者は、NICT の委託研究「新世代ネットワークを支えるネットワーク仮想化技術基盤の研究開発」を共同で進めており、今回はその取り組みの一環。ネットワーク仮想化テストベッドを構成する仮想化ノードを、米国ユタ大学のキャンパス内に設置、3つの実験を通じ、日米間にまたがるマルチドメイン網をプログラマブルに制御することに、世界で初めて成功した。

今後は、2015年3月までの委託研究期間において、先進的ネットワーク仮想化基盤技術の確立に向け、日本側のテストベッドの高機能化、高性能化に取り組んでいく予定だ。