日本 HP は7月18日、自働サーバーエントリーモデルのタワーサーバー新製品「HP ProLiant MicroServer Gen8」(MicroServer Gen8)を発表、販売を開始した。価格は6万6,150円(税込)から。

将来はカラフルに!? 日本 HP が中小向け自働サーバーエントリモデル「MicroServer Gen8」を発表
「MicroServer Gen8」

また同時に、Intel Xeon  E3 v3 製品ファミリーを搭載した 1U ラックマウントサーバー「HP ProLiant DL320e Gen8 v2」(DL320e Gen8 v2)、タワーサーバー「HP ProLiant ML310e Gen8 v2」(ML310e Gen8 v2)を発表した。

さらに、MicroServer Gen8 との同時利用を想定した筺体デザインの、レイヤー2スイッチ新製品「HP PS1810-8G スイッチ」「HP PS1810-24G スイッチ」も発表した。MicroServer Gen8 の上部または下部に設置し、コンパクトな一体型インフラソリューションとして利用できる。

MicroServer Gen8 は、HP ProLiant MicroServer の最新モデル。専任管理者のいない中小規模システム向けに、運用管理工数を削減する自働サーバーとしての機能が強化されている。

リモートからの電源オン/オフや、メディア/フォルダマウント機能、また iLO Essentials ライセンスで拡張される仮想 KVM 機能 (リモートコンソール)などの管理機能により、「サーバー専用のキーボード、マウス、モニターが不要」で、かつ電源/LAN 接続さえ可能であれば「どこにでも置ける」、サーバー管理や設置環境での自由度が格段に向上した。

メディアレスセットアップ機能、最新ファームウェア/ドライバの自動検索/一括アップデート支援機能、エージェントレス管理機能などにより、サーバーのセットアップ、メンテナンス、障害/ステータス監視などの、日々の運用にかかる管理工数を軽減できる。

メディア/フォルダマウント機能とは、管理コンソールとして使っているクライアント PC のメディアドライブやネットワーク上のフォルダを、リモートサーバーのドライブとして利用できる機能。

MicroServer Gen8 は将来、フロントドアのカラーカスタマイズに対応する予定で、通常のシルバー色以外に、青色、赤色、黒色のフロントドアオプションを提供する。