ソニーは、新型 SD メモリカードとして、パソコン内の指定ファイルを更新ごとに自動でバックアップする「バックアップ SD カード」を発表。メモリ容量16GB、32GB、64GBの3種類を展開する。いずれも発売日は8月20日、価格はオープン。市場推定価格は、「SN-BA16」(16GB)が3,800円前後、「SN-BA32」(32GB)が6,500円前後、「SN-BA64」(64GB)が1万4,000円前後。

ソニー、PC データを自動保存する「バックアップ SD カード」
ソニー「バックアップ SD カード」

利用方法は、パソコンのメモリースロットにカード挿入後、付属のソフトウェア「Real-time Backup Utility」上であらかじめバックアップしたいフォルダーを選択。その後、フォルダー内でファイルの新規作成や更新をする度に、SD カードに自動でバックアップが実行される。なお、対象ファイルのアイコンにはバックアップ状況が分かるマークが表示される。

(左)バックアップ未完了/(右)完了
(左)バックアップ未完了/(右)完了

また、保存時にデータの自動暗号化(暗号化方式 AES256bit)も選択可能。重要なドキュメントを保護すると同時に、書き戻し時はパスワードが必要となり、セキュリティ対策もできるという。

なお、付属ソフトウェアは Windows XP/Vista/7/8 以降の OS に対応。現在、ソフトウェアのみ30日間限定で試用提供中。

付属ソフトウェア「Real-time Backup Utility」画面イメージ
付属ソフトウェア「Real-time Backup Utility」画面イメージ