フリービットは、MVNO 事業の本格的立ち上げの一環として、NTT ドコモと L2 で接続、Xi データ通信に対応した LTE サービスに参入する。

また、フリービット中期経営計画「SiLK VISION 2016」の MCI 戦略に従った、回線、クラウド環境、ユーザーサポート、ミドルウェア、端末までをパッケージ化したサービス「YourNet MVNO Pack」を開始する。

YourNet MVNO Pack は、BtoC(一般ユーザー向け)、BtoBtoC/BtoBtoB(会員を持つ事業者向け)、M2M(マシン間通信)の全事業領域をカバーしたサービス。数億円単位の投資が必要な MVNO 事業への参入リスクを軽減できる。

サービス導入まではフリービットがサポートし、3G/LTE/固定網回線から MVNO のバックオフィスとなるクラウド環境、ユーザーサポート、iPhone/Android に対応したアプリ開発/配信プラットフォーム「ServersMan SiLK OS」、端末まで、モバイルサービスに必要なコンポーネントをすべて提供する。

また、M2M 向けには、システムがなくても MVNO に参入できる「ISP オフィスシステム」や、「Cloud Mail」(モバイル対応大容量メールシステム)、「Cloud Disk」(モバイル対応大容量ディスクシステム)、「Cloud VoIP」などのクラウドサービスを用意した。

なお、YourNet MVNO Pack 採用事例第1弾として、同社の子会社であるドリーム・トレイン・インターネット(DTI)から、BtoC 向けサービス「ServersMan SIM LTE 100」を近日中に開始する予定。