Apple、初期型 Kinect センサーの技術を開発した PrimeSense を買収か?
イスラエル地元紙の報道によれば、米国 Apple が  PrimeSense の買収に向けた交渉を進めているという。PrimeSense は、Microsoft の初期版 Kinect デバイスで利用された技術を開発した企業。報道によれば、Apple は買収額として2億8,000万ドルから3億ドルを同社に提示しているという。

PCMag はこの件を次のように伝えた。

「Apple はイスラエルの半導体企業 PrimeSense の買収に関心を持っているという。イスラエルの地元紙 Calcalist が伝えている。Apple は 3D センサーのスペシャリスト企業に対し、2億8,000万ドルを提示。買収が成立した場合、Apple は同社技術の Apple 製品への組み込みを望んでいるという。PrimeSense は、過去には Microsoft と協働し、Xbox 360 の Kinect に対して同社技術、チップ、デザインの組み込みを実施した」

9to5 Mac は、買収の目的を次のように推測している。

「買収は、Apple のリビングルーム向け TV 製品のインターフェイスを強化するものとなるだろう。また、Apple が自社製品に対し、ジェスチャーコントロールを追加することも可能になる」

PrimeSense によるデモビデオ

The Verge は、PrimeSense の技術が様々な分野で利用されていることに触れている。

「PrimeSense の3D スキャン技術は、世界中の2,000万を超えるデバイスで利用されている。これには、スマートフォンやタブレットで利用可能なセンサーも含まれる。PrimeSense の技術は、精密なカラー3D モデルを生成する機能を持つ、最新のポータブルスキャナーでも利用されている」

だが VentureBeat は、PrimeSense が様々な問題に直面していることについて述べている。

「Microsoft の最新型の Kinect は、初期型よりもはるかに検知能力が高い。そしてこの最新型には、イスラエル企業の技術は使われていないのだ。これにより、PrimeSense は同社技術を前進させる上で重要な数千万ドルのロイヤリティを失った。

 
Leap Motion は、はるかに精度の高いセンサー技術を開発している。このセンサーでは、両手の10本の指の動きを1秒間に290フレームでトラッキングでき、100分の1ミリの動きを検出可能だ」

Leap Motion によるセンサー
Leap Motion によるセンサー