富士ゼロックスは7月10日、スマートフォンの GPS を利用して観光スポットを案内する「観光音声ガイドサービス」の提供を開始した。自治体・観光協会などに販売するという。

これまでの一般的な観光音声ガイドサービスは、美術館や博物館などの館内で専用端末を利用したものや、パンフレットに埋め込まれた情報を認識して音声を再生する音声ペンなどがあったが、室内のみでの利用という制限や、専門業者による制作が必要だった。

同サービスは、専用アプリをインストールした同社提供の専用端末(スマートフォン)を携帯して、登録された観光スポットに近づくと、GPS との連携により自動的にそのスポットに関連する音声ガイダンスが流れるというもの。

導入する自治体などは、制作ツールを利用して、あらかじめガイドしたい場所の位置情報とコンテンツをクラウド上のサーバーにテキストで登録可能。登録されたテキストデータは、自動的に音声データに変換されるという。言語は日本語・英語・中国語・韓国語に対応する。

観光スポットに近づくと音声で案内--富士ゼロックス、スマホを利用した「観光音声ガイドサービス」を提供
富士ゼロックスが提供する「観光音声ガイドサービス」イメージ

価格は、初期費用が20万円、月額利用料が1万円(いずれも税別)。このほか、端末代と利用回数に応じたサービス利用料が必要となる。