香川県土庄町と岡山市のベネッセホールディングスソフトバンクモバイル電気自動車普及協議会(APEV)は、土庄町豊島の観光資源の価値向上を目的とした「豊島(てしま)モビリティ協議会」を設立、7月20日から豊島で、「超小型モビリティ」を活用した実証実験を実施する。この実証実験は、国土交通省の「超小型モビリティの導入促進事業」の支援案件として行われる。

「超小型モビリティ」とは、環境低負荷型で自動車よりもコンパクトな2人乗り電気自動車。「豊島モビリティ協議会」では、超小型モビリティを豊島内の移動手段に活用、低炭素・省エネルギーで環境に負荷をかけない循環型社会の実現を目指す。

今回の実証実験では、「瀬戸内国際芸術祭 2013」の夏の会期の始まりにあわせ、来島する観光客の島内交通手段として、「超小型モビリティ」のレンタルサービスを行う。

利用料金は日額8,400円(税込、充電料金含む)。実施期間は2013年7月20日〜2014年3月31日を予定している。設置する「超小型モビリティ」は「NISSAN New Mobility Concept」。

香川県豊島で「2人乗り電気自動車」の実証実験
「NISSAN New Mobility Concept」