NEC ビッグローブ(BIGLOBE)は、中小規模企業のアジャイル開発導入を支援する「開発お役立ちパック」の無料提供を開始した。

パックは、アジャイル開発を効率化する3つの OSS と、BIGLOBE が独自に作成した利用ガイドをセットにしたもの。IaaS 型パブリッククラウドサービスである「BIGLOBE クラウドホスティング」で利用できるソフトウェアをラインアップした「クラウドアプリストア」で提供され、「BIGLOBE クラウドホスティング」の料金のみで利用できる。

アジャイル開発は、「計画」「開発」「テスト」を繰り返しながらプログラムを作っていく、開発手法。大規模企業のみならず中小規模企業でも関心が高まっているが、中小規模企業では、新しい開発手法を導入する費用、工数、専門知識などが障壁となっていた。

このパックでは、2011年からアジャイル開発を導入し、数十種類以上のアプリやシステムを開発してきた BIGLOBE が推奨する OSS を提供。進捗を管理する「Redmine」、プログラム(ソースコード)のバージョンを管理する「Git/GitLab」、テストを自動化する「Jenkins」の3つの OSS で、アジャイル開発の各工程を効率化できる。

BIGLOBE、アジャイル開発導入支援「開発お役立ちパック」を無料で
3つの OSS でアジャイル開発