富士通マーケティング(FJM)と岐阜県中津川市のカーリルは、埼玉県飯能市の新市立図書館に、図書館分野では日本初の NFC(近距離無線通信)技術とスマートデバイスを組み合わせた図書館システムを構築した。新市立図書館は7月1日にオープンした。

この図書館システムは、富士通のクラウド型公共図書館業務サービス「WebiLis」(ウェブアイリス)に、NFC 技術を活用したカーリルの情報探索支援システム「カーリルタッチ」を組み合わせたもの。

「カーリルタッチ」は、スマートフォン/スマートデバイス向け情報探索支援システムで、IC タグとスマートデバイスが搭載する NFC、おサイフケータイの機能を活用する。

書棚にある IC タグ付きの「タッチタグ」(著者や書籍名、キーワードなどが記載されている)に、おサイフケータイまたは NFC 対応スマートデバイスをかざすと、図書館が用意した「カーリルタッチ」ポータル画面が開き、そこから、国立国会図書館の各種データベースや Wikipedia など、インターネットにある情報源に一元的にアクセスできる。

また、書棚に取り付けられた「タッチタグ」からは、その書棚にある本の情報や現在の貸し出し状況が入手でき、貸し出し中の場合は予約もできる。

さらに、図書館内の複数の「タッチタグ」にスマートフォンをかざしてスタンプや情報を蓄積できるコレクション機能で、オリエンテーリングやスタンプラリーなど、各種イベントが実施できる。

新図書館では、開館時に100種類のタグを各書棚に設置し、「課題解決型図書館」として情報を提供するとのことだ。

WebiLis は、富士通グループのデータセンターを活用したクラウド型公共図書館業務サービス。窓口業務/資料管理/収書・整理業務など、図書館業務に必要な機能がある。また、ユーザーは、自宅や外出先からインターネットを介して、24時間365日、図書の検索/予約や、借りたい本の書評などを閲覧できる。

また、IC タグを本に貼付すると、自動貸出機で貸出業務を迅速化し、IC ゲートと連動した持ち出し管理の強化に加え、職員の蔵書点検作業を効率化できる。

富士通マーケティングなど、飯能市の新図書館に NFC による図書館システムを構築
飯能市図書館システム全体イメージ