IT インフラ ソリューションのネットワールドは、英国 StorMagic の仮想ストレージソフトウェア最新版「StorMagic SvSAN 5.1」を発表した。販売開始は秋を予定している。

StorMagic SvSAN は、ハイパーバイザーをインストールしたサーバーのローカルディスクの空き領域を、iSCSI 共有ストレージ領域として利用できるようにする、仮想アプライアンス製品。高価な SAN/NAS ストレージなしで、低コストで共有データストアを構築できる。仮想マシンをダウンタイムなしで別ホストに移動できるライブマイグレーションのほか、HA やクラスタ機能も、物理的な共有ストレージがなくても利用できる。

最新版の StorMagic SvSAN 5.1 は「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」環境に対応、低コストで、Hyper-V ホスト クラスタも利用できるようになった。

最新 Hyper-V に対応したことで、フェールオーバーする仮想マシンの優先度の設定や、同じノードで稼動させたい仮想マシンを指定し、フェールオーバー時に一緒に別のノードへ移動させるアフィニティ仮想マシン規則、あるいは、フェールオーバー時に、指定した仮想マシン同士(例えば、複数のデーターベースの仮想マシン)が同じノードに配置されないようにするアンチアフィニティ仮想マシン規則も利用できる。

また、VMware の Linux ベース仮想アプライアンス版 vCenter である vCSA(vCenter Server Appliance)に対応した。セットアップ時間を短縮できるほか、VMware vCenter 用に必要だった Windows Server や SQL Server のライセンスが不要になった。

仮想ストレージ StorMagic SvSAN が最新 Hyper-V に対応−ネットワールドが秋に販売
StorMagic トップページ