フランスの 3D 設計ソフトウェアの Dassault Systemes によると、チェコのデザイナーが同社の 3D ソフトウェア技術で制作した「Flying Bike」(空飛ぶ自転車)が、6月12日、プラハで飛行に成功したそうだ。

チェコのプラハで空飛ぶ自転車が飛行に成功--ダッソーの 3D ソフトウェアで設計
空飛ぶ自転車(動画より)

Flying Bike プロジェクトは、Dassault のパートナー Technodat 社の Ales Kobylik 氏をリーダーに、Technodat 社、Duratec 社、Evektor 社の3社によって発足したプロジェクトで、1年半前に開発を開始した。

開発には Dassault の 3D エクスペリエンスプラットフォームを活用して、プロジェクトの参加者は場所の制約を受けず、さまざまな場所からプロジェクトに参加、仮想空間上で自転車の設計/製造/シミュレーションを行った。

試行錯誤を繰り返した結果、6つの回転翼を持つ「マルチコプター」の原理が採用され、12か月前にバーチャル上でプロトタイプが公開された。そして6月12日に、ヒト型の模型を乗せた約5分間の飛行に成功した。

このプロジェクトでは、3D エクスペリエンスプラットフォームのプロバイダーである Technodat 社が、プロジェクトの管理/運営(予算、スケジュールを含む)を行った。自転車メーカーの Duratec 社は、フレーム、翼の保護カバーや標準的な自転車のコンポーネントを提供、技術会社の Evektor 社は、コンセプトの設計、各機能の組み立て、構成、バッテリー、回転翼の選定を行った。

空飛ぶ自転車の紹介ビデオ