米国 Google は、地図サービス「Google マップ(Google Maps)」で長崎県長崎市高島町端島の「ストリートビュー(Street View)」画像を公開。画像の撮影は、バックパック型の撮影機材「トレッカー」を使い、約2時間程度かけて行った。これらの画像は、Google マップの地図上から閲覧できる。

今回公開された端島は、「軍艦島」という俗称で知られる無人島。長崎港から19キロの海上に位置する小さな半人工島で、1870年から炭鉱開発を開始し、1974年の閉山とともに無人島となった。

Google「ストリートビュー」で軍艦島の閲覧が可能に、立ち入り禁止エリア含む端島全体を公開
ストリートビューで無人島「端島」の閲覧が可能に

端島は現在、島の一部のみ上陸が認められているが、今回は長崎市の協力を得て立入禁止エリアを含む島全体を撮影。また、店舗紹介サービス「おみせフォト」で使用する機材を使用して、無人となった集合住宅内も撮影した。最盛期には5,000人以上が暮らしていたという当時の生活の様子を、廃墟に残された白黒テレビやソーダ瓶などから確認できる。

当時の生活の様子が残る集合住宅
当時の生活の様子が残る集合住宅

建造物は風雨にさらされ、徐々に劣化が進んでいるという。同社は、撮影画像がデジタルアーカイブとして未来の世代に伝わる資料になってほしいとしている。