SAP ジャパンは、インメモリープラットフォーム「SAP HANA」最新サービスパック、「SAP HANA SP6」の提供を6月27日から開始した。

SAP HANA SP6 では、「スマート・データ・アクセス機能」「インメモリー地理空間情報機能」が追加された。

「スマート・データ・アクセス機能」は、Hadoop などの異種混在データソースにスマートにデータアクセスする、SAP HANA 内でのデータ仮想化技術。

Hadoop、「SAP Sybase Adaptive Server Enterprise」(SAP Sybase ASE)、「SAP Sybase IQ」、その他のサードパーティ製 DWH など、異種のデータが混在するリレーショナル/非リレーショナル データベース システムに対する動的なクエリを実施できる。

顧客企業は、自社ネットワーク全体にわたって高速、安全にクエリを実施し、同時に不要なデータ転送やデータの冗長性を最小限に抑えることのできる、リアルタイムのビッグデータアプリケーションを構築できるようになる。

「インメモリー地理空間情報機能」は、SAP HANA プラットフォームをさらに拡張し、地理空間データとビジネスデータを組み合わせることにより、リアルタイムのビジネスアプリケーションに新たな次元を加えた。

顧客企業や ISV は、空間/予測/テキスト分析から得た結果を SQL 内で組み合わせ、インテリジェントで直観的な位置ベースのソリューション開発を簡素化できる。SAP HANA 顧客企業には、地理コンテンツが追加費用なしで提供される。

さらに SAP HANA SP6 では、「SAP HANA Studio」でデータモデルとプロビジョニングワークベンチが一体化され、開発とデータ取得を簡素化した。