東京大学 先端科学技術研究センター(東大先端研)、トヨタ自動車電通ロボ・ガレージは6月26日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力のもと、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在するロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」が完成したと発表した。8月4日に打ち上げ予定の H-2B ロケット4号機に搭載される、宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機に乗せて ISS に送られる予定。

ロボット宇宙飛行士「キロボ」、8月に国際宇宙ステーションへ
ロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」

キロボは、宇宙における人とロボットの対話実験に使用する目的で開発されたロボット。発話言語は日本語。主要装備は、音声認識、自然言語処理、音声(発話)合成、情報通信、握手などのコミュニケーション動作、顔認識カメラ、記録用カメラなど。HOYA サービスのソフトウェア、音声合成エンジン「VoiceText」を搭載している。サイズは、身長約34×全幅約18×奥行き約15cm、重量は約1,000g。

東大先端研とロボ・ガレージはロボット躯体の開発と動作生成、トヨタ自動車は音声認識を用いたロボットの知能化、電通は会話コンテンツ作成と「KIBO ROBOT PROJECT」の調整などを担当。その結果、打上げに必要な審査・実験をすべて通過し、完成に至った。

11月以降、ISS に滞在予定で日本人初の ISS 船長となる若田光一宇宙飛行士と、きぼう日本実験棟内において会話実験を行う予定。