シマンテック、Android 端末を人質に取る偽ウイルス対策アプリに注意喚起
「Android Defender」
シマンテックは、Android 端末を狙った偽ウイルス対策ソフトウェア「Android Defender」について、同社の公式ブログ上で注意を促した。

Android Defender は、コンピュータのセキュリティ状態について意図的に誤った情報を表示する、ウイルス対策をかたった詐欺ソフトウェア。実際には存在しないマルウェアやセキュリティリスクの警告を表示し、端末から削除するためのアプリケーションをユーザーに購入させようとする。

セキュリティ状態について偽の脅威を表示
セキュリティ状態について偽の脅威を表示

さらに、支払いが完了するかマルウェアが削除されるまで、警告のポップアップメッセージを端末へ表示し続ける。その間端末はロックされ、人質にとられたようになってしまうことが特徴だ。

被害内容はインストールした端末の種類によっても異なるが、多くのユーザーに共通して、他のアプリケーションの起動が妨害されたり、該当のアプリケーションをアンインストールできなくなったり、OS の設定が変更されたりするという。また、場合によっては端末のデータリセットさえ実行できず、ハードウェアリセットでしか修復できなくなることもあるようだ。

同社は、こうした不正なアプリケーションは一度インストールされてしまうと削除が難しいため、信頼できるセキュリティソフトやダウンロードサイトを使用し、そもそも端末に入り込まないよう未然に防ぐことが安全対策として重要だとしている。