ドワンゴとニワンゴは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が有人潜水調査船「しんかい6500」で行った世界最深の深海熱水噴出域での調査潜航ならびに中継を、ライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」で6月22日から23日にかけて生中継した。今回の放送では「ニコニコアカウント」を持たない人でも視聴可能なよう開放したところ、来場者数が約30万人、コメント数が約50万件となった。

「ニコ生」が深海 5,000m から「しんかい6500」の調査潜航を生中継、30万人が視聴
有人潜水調査船「しんかい6500」
(c)JAMSTEC

今回の調査潜航は、カリブ海ケイマン中央海膨の水深約 5,000m にある、400℃を超える熱水が吹く深海熱水噴出域の探査が目的。この噴出域での有人科学探査は、これが初めての試みだった。さらに、深海での有人科学探査をリアルタイム インターネット生中継するのも世界初である。放送では、しんかい6500の着水/揚収作業、コックピット内での操縦作業、潜航時の深海映像、深海での研究活動、支援母船「よこすか」総合指令室での作業などを中継した。

調査潜航した海域 (c)JAMSTEC
調査潜航した海域
(c)JAMSTEC

調査当日、日本時間6月22日23時過ぎにしんかい6500が母船から着水し、潜水を開始。23日1時ごろに深度 4,900m 付近で地底の映像をとらえた。そして、チムニーと呼ばれる熱水が噴き出す煙突状の噴出孔を発見し、黒い熱水が噴き出すブラックスモーカーや、チムニーの外壁に生息するエビやイソギンチャクといった生物の映像を配信した。ただし、しんかい6500から母船まで映像を伝送する光ファイバーがその後約1時間30分で切断されてしまい、リアルタイム生中継はここまでとなった。光ファイバー切断後は、音波を使って中継を行った。

チムニー外壁にいたエビの集団 (C)JAMSTEC
チムニー外壁にいたエビの集団
(C)JAMSTEC

中継システム (C)JAMSTEC
中継システム
(C)JAMSTEC

しんかい6500の引き上げは5時すぎに始まり、7時30分ごろ母船に帰還した。

深海の水圧でつぶれた発泡スチロール製「ニコニコテレビちゃん」 上:潜航前 下:潜航後 (C)JAMSTEC
深海の水圧でつぶれた発泡スチロール製「ニコニコテレビちゃん」
上:潜航前
下:潜航後
(C)JAMSTEC

なお、生中継はすでに終了しているが、現在アーカイブ放送が視聴可能となっている。