Honda産業技術総合研究所(産総研)は、東京電力福島第一原子力発電所向けに「高所調査用ロボット」を共同開発した。

このロボットを遠隔操作して、原子炉建屋内1階高所の狭い箇所などの構造を把握、現場調査を行うことができる。ロボットは6月18日から建屋内で稼働を開始している。

Honda と産総研は東京電力の現場情報をもとにロボットの開発を進め、Honda が上部に設置した調査用アームロボット部分を、産総研がクローラー式高所作業台車を担当した。

調査用アームロボットは、Honda のヒューマノイドロボット「ASIMO」開発で培った、3次元のポイントクラウド(点群座標)で調査対象の周囲の構造物を立体的に表示する技術、多関節を同時に制御するシステム、アームが周囲の構造物に接触するとその衝撃を吸収する制御技術を応用している。

ASIMO 技術による調査用アームロボットは、原子炉建屋内の入り組んだ構造物でも、多数の関節を同時に制御して隠れて見えない対象物も捕捉し、アームの先端にあるズームカメラやレーザーレンジファインダー、線量計で、詳細画像や三次元形状データを確認、線源を特定できる。

またクローラー式高所作業台車は、産総研の遠隔操作技術をもとに、低重心構造で転倒しにくい安定した高所作業車に、カメラ、ライト、レーザーマーカーなどを取り付けたもので、400メートルの光ファイバーによる有線 LAN と無線 LAN を介して遠隔操作できる。

さらに、Honda と産総研は、直感的に分かりやすい遠隔操作インターフェイスを共同で開発、免震重要棟などから高所調査用ロボットを遠隔操作し、原子炉建屋内の暗くて狭い箇所を移動させることができるようになった。また、調査箇所でアームロボットのマストを伸ばして、アームの先端を構造物にぶつけず、7メートルの高所に到達させ、調査できる。

Honda ASIMO 技術の「高所調査用ロボット」、福島第一原発電で稼働を開始
Honda トップページ