スーパーコンピューティングの世界では、長くトップでい続けられるマシンなど存在しない。

半年に1度更新される、世界の最もパワフルなスーパーコンピューターのランキング「TOP 500」の最新版が6月17日発表され、新たなチャンピオンが誕生した。中国の「天河2号」が地球上でもっとも速いコンピューターであると認められている。その計算速度は、1秒間に33.86ペタフロップを記録している。

天河2号は、中国の国防科学技術大学で開発されたスーパーコンピューター。2010年11月に、1秒間に2.57ペタフロップの計算速度を記録して世界一となった天河1号からは、大きな飛躍を示したマシンだ。

天河2号の演算コアは合計で脅威の312万コア。Intel Ivy Bridge アーキテクチャの Xeon と、Intel がスーパーコンピューター向けに開発した Xeon Phi が採用されている。消費電力は1万7,808kW。

スパコン TOP 500 ランキング発表 − Intel と Linux の強さが際立つ
2位には、2012年11月のランキングで1位だった Cray Titan が入った。Titan の計算速度は、1秒間に17.59ペタフロップ。前回と同じパフォーマンスを維持した。

3位には、IBM の開発した Sequoia が入った。Sequoia は米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所に配備されている。Titan 同様、Sequoia もかつてはスーパーコンピューターのチャンピオンだったマシンだ。2012年6月のランキングでは1位になっている。Sequoia の計算速度は、当初は16.32ペタフロップだったが、今回のランキングでは17.17ペタフロップにアップグレードされていた。

かつてのチャンピオンの中では、2011年11月のランキングで1位になった、日本の富士通と理化学研究所が開発した「京(けい)」も4位に入っている。京は、世界で初めて10ぺタフロップの壁を破ったスーパーコンピューターだ。

Intel と Linux の強さが際立つ

2013年6月のランキングから見えるトレンドとしては、この部門における Intel の圧倒的な強さが指摘できる。TOP 500 ランキングのうち80%(403システム)では、Intel のチップが使用されており、前回ランキングの76%から増加を示した。

これに対し、AMD のシェアは10%(50システム)。前回ランキングの12%からはシェアを落としている。

Linux も相変わらずの強さを示している。TOP 500 のうち、Linux を使用したシステムは実に476システム。全体の95%を占めていた。UNIX は16システム。主に IBM が開発した AIX マシンで使用されていた。Windows はわずかに3システム。これには、シカゴに存在する Microsoft 自身の Windows Azure システムが含まれており、その計算速度は151ギガフロップとなっている。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。