肝付町(鹿児島県)は、8月22日に内之浦宇宙空間観測所で予定されているイプシロンロケット試験機打ち上げの一般見学場6か所を6月11日、同町の Web サイトで発表した。

イプシロンは、惑星分光観測衛星「SPRINT-A」を搭載した全長24.4メートル・3段式の小型固体ロケット。宇宙航空研究開発機構(JAXA)により、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられることが発表されている。打ち上げ予定日程は、8月22日午後1時30分〜午後2時30分。

今回肝付町が設置した一般見学場は、宮原一般見学場、叶岳芝生広場、叶岳ボードウォーク、内之浦小学校、内之浦漁港、岸良海岸の計6か所。

イプシロン打ち上げの一般見学場6か所発表--混雑予想の宮原見学場は抽選
イプシロンロケット打ち上げ見学場マップ
(出典:肝付町 Web サイト)

その中でも、宮原一般見学場への入場は抽選となり、肝付町 Web サイトの専用フォームから応募できるしくみとなっている。応募期限は7月12日午後3時まで。抽選結果は7月20日までにメールで通知されるという。

また同 Web サイトでは、各見学場の射点からの距離や駐車場台数のほか、ロケットの見え方を写真で掲載している。

宮原一般見学場からのロケットの見え方(出典:肝付町 Web サイト)
宮原一般見学場からのロケットの見え方
(出典:肝付町 Web サイト)

同町によると、2006年の M-V-7 号機(M-V ロケット最終号機)打ち上げの際には、予想を上回る見学者が宮原一般見学場を訪れ、緊急車両が通行できないほどの交通渋滞を引き起こしたという。今回のイプシロンロケット試験機の打ち上げについても、同等程度もしくはそれ以上の人出が予想されることから、宮原一般見学場への入場については車両数の制限を設けた上で事前抽選方式とし、一般見学者への協力を呼びかけている。