SAP ジャパンは、DWH のデータベースエンジン Sybase IQ 最新版「SAP Sybase IQ 16」の販売を、2013年10月〜12月の第4四半期に開始する、と発表した。

SAP Sybase IQ は、SAP のリアルタイムデータ プラットフォーム戦略の中で SAP HANA のニアラインストアに位置づけられており、企業の膨大なデータを高速分析できる。

顧客企業は、大規模データ処理と超高速応答性を要求される分析では、リアルタイム性を発揮できる SAP HANA を利用、また超大規模データ処理を伴う高速分析では SAP Sybase IQ を利用するというように、SAP Sybase IQ と SAP HANA を連携することで、ビジネス要件や技術要件、取り扱うデータ量に合った柔軟なデータ管理ができるようになる。

SAP Sybase IQ 16 には SAP HANA の技術なども取り入れられており、PB 級の超大規模データも、特別なチューニングなしで高速処理できる。

SAP Sybase IQ 16 では、カラムストアのページ内部構造を変更して圧縮効率を改善、また N-bit FP インデックスを採用してストレージ容量を削減した。

また、インデックスとカラムへのロードがマルチスレッドで同時実行できるように、ロードの内部処理を完全並列化、前バージョンにあった、CPU の使用効率が変動する、スレッド操作が複雑、などの問題点を解決した。

さらに、メモリ上のキャッシュリソースを有効活用するデータアフィニティデータは、組み込まれているハッシュアルゴリズムで自動的にパーティション化され、サブセットに分割される。これにより、ハードウェアリソースの使用率とローカル処理を減少できる。また、Multiplex 環境でクエリを分散できる場合は、各ノードのキャッシュ状態が新たに考慮されて振り分けられ、クラスタ間でのキャッシュリソースを有効活用する。

SAP ジャパン、PB 級データを分析でき DWH 最新版 Sybase IQ を第4四半期に販売
SAP ジャパンのトップページ