クラウドブロックストレージの米国 Zadara Storage(ザダーラ ストレージ)は6月6日、日本市場に参入、アジアの情報デリバリープラットフォーム会社 KVH のデータセンターで、企業向けストレージサービス「Virtual Private Storage」(VPSA)を提供する、と発表した。

クラウドストレージサービスの 米 Zadara Storage、KVH データセンターで日本市場に参入
Zadara Storage トップページ

VPSA は米国でのサービスを拡張する形で提供され、2013年下半期から KVH のデータセンターで KVH と AWS の日本顧客に1時間単位で使用できるプライベート SAN/NAS を提供する。

Zadara Storage の企業向けストレージサービスでは、KVH/AWS クラウドサービス顧客は占有のコア、キャッシュ、ディスク、ネットワークで、様々なアプリケーションを活用できる。

また、KVH のパブリッククラウド/プライベートクラウド/コロケーションサービスを利用する顧客は、企業向けストレージサービスの利用で、短時間での立ち上げや拡張/縮小が可能となる。

さらに、安静時と飛行時の両方で暗号化でき、クライアントごとに専用ハードウェアリソースとネットワークが割り当てられているため、セキュリティの確保とデータプライバシーの保護ができる設計となっている。

オンデマンド VPSA ブロックとファイルストレージソリューションは、専用ドライブを有する仮想化された SAN/NAS、デュアルコントローラー、複数 RAID レベルのサポート、容量に応じた I/O スロット、クラスタ共有ボリューム、パフォーマンス測定、時間単位請求などの機能を備えている。

VPSA 紹介ビデオ