日立製作所は、国内外の拠点間や取引先と、設計図面データや動画データなどの大容量データをインターネット経由でやり取りする企業向けに、大容量データ交換をクラウド型で提供する「TWX-21 グローバル大容量データ交換サービス」を6月12日から開始する。価格はオープン。

日立、クラウド型「TWX-21グローバル大容量データ交換サービス」を開始
大容量データ交換をクラウドで提供する「TWX-21グローバル大容量データ交換サービス」

同サービスの導入には、国際専用回線の新設や増強、あるいは特別なデータ圧縮装置の設置といった追加投資が必要ないほか、クラウド型サービスであるために、新たに運用ソフトウェアなどを購入する必要がない。そのため、低コストで、高速かつ高信頼な大容量データ交換が可能だという。Web ブラウザで送信したいデータと宛先を選択し、送信開始ボタンを押すだけで送信できる。

同サービスは、「Harmonius Cloud」の企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」を基盤としているため、日立が TWX-21 の運用でグローバルに長年培ってきたノウハウを生かし、日本語/英語/中国といった多言語対応や「TWX-21」のグローバルに対応した運用サービスも、シングルサインオンで利用できるという。セキュリティ面では、HTTPS による通信経路の保護や多重化通信による転送途中の盗聴防止、管理者承認で誤送信を防ぐ多重チェックが設定できる。

なお、同サービスの利便性や品質レベルを体験できる1か月の無料試行サービスを、導入検討する法人企業向けに実施する。