ドワンゴとニワンゴは、ライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」において、日本の有人潜水調査船「しんかい6500」による世界最深の深海熱水噴出域での調査潜航を生中継する。科学研究を目的とした有人潜水調査船による潜航現場を生中継するのは、世界初の試み。放送時間は6月22日20時30分から23日8時00分ごろまで。

「ニコ生」で世界初の生中継、「しんかい6500」による世界最深の熱水噴出域探査
有人潜水調査船「しんかい6500」
(c)JAMSTEC

今回の潜航ミッションは、「人類を深海5,000メートルに送りこめ」「超高温400度を超える深海熱水を目撃せよ」「深海熱水域にどんな生物がいるのか調査せよ」の3つ。カリブ海中部のケイマンライズに潜航し、水深5,000mで摂氏400度を超える熱水が吹く極限環境における生物の生息状況を研究する様子を、リアルタイム/ノーカットで放送する。

「ニコ生」で世界初の試み、「しんかい6500」による世界最深の深海熱水噴出域探査を生中継
「しんかい6500」が潜航する海域図
(c)JAMSTEC

現地からは、映画「日本沈没」に登場し、プラモデル化もされている人気の有人潜水調査船「しんかい6500」の潜航を主に中継する。着水・揚収作業やコックピット内での操縦作業、潜航時の深海映像、深海での研究活動の映像は、「しんかい6500」ファンも期待できる内容だ。また、スタジオでは科学ジャーナリストや「しんかい6500」前潜航長を招き、研究内容と有人潜水調査システムの解説などを行う。

「ニコ生」で世界初の試み、「しんかい6500」による世界最深の深海熱水噴出域探査を生中継
中継システム
(c)JAMSTEC

深海生物は NHK の特集番組で有名なダイオウイカや5年間以上絶食を続けるダイオウグソクムシなど生態系が謎に包まれていることが多く、最近話題になっている。今回の調査で、新たな深海のアイドルが発見されることを期待したい。