大阪の NTT スマイルエナジーは、「エコめがね」で計測した太陽光発電システムデータを産業技術総合研究所太陽光発電光学研究センターシステムチーム(産総研)に提供し、日本国内の太陽光発電システムの発電量統計データ整備活動に協力する。

エコめがね」は、クラウドを活用し、スマートフォンやパソコンなどで太陽光発電システムの電力情報を可視化するサービス。日射量情報などから発電量が適切かを管理する「発電診断」サービスも提供している。

NTT スマイルエナジー、「エコめがね」で計測した太陽光発電データを産総研に提供
「エコめがね」表示画面例

「エコめがね」利用者の太陽光パネル発電規格容量は 30MW に達しており、パネルの面積は東京ドーム12個分。発電に際しての情報を個人情報を含まない形で提供する。

太陽光発電状況見守りレポート画面
太陽光発電状況見守りレポート画面

産総研では、個人や企業/団体に協力を求め、太陽光発電システムの発電データの収集と統計整備を進めていく。