米国 Google は、南アフリカの太陽光発電プロジェクト「Jasper Power Project」に1,200万ドルを投資する。同プロジェクトは、アフリカ大陸最大級の太陽光発電プラントを北ケープ州に建設するというもの。96MW 規模の発電能力を有し、3万戸に電力を供給できる。

Google、南ア太陽光発電プロジェクトに1,200万ドル出資
太陽光発電プラント

再生可能エネルギー事業への投資に際し、採算性と再生可能エネルギー産業の成長に貢献できるかの2点を重視したという。同プロジェクトは、この2つを満たすほか、雇用創出の面でも効果があるという。

Jasper Power Project の位置
Jasper Power Project の位置

南アフリカは2008年に深刻な電力不足を経験し、経済成長鈍化に陥った。以来、政府は積極的に新エネルギー事業を支援している。南アフリカの中心エネルギーは依然、化石燃料であるので、再生可能エネルギー事業は可能性を秘めているという。政府は2030年までに再生可能エネルギーの発電量を 18GW まで引き上げる方針。

同プロジェクトには、米国 SolarReserve、南ア Intikon Energy、Kensani Group も投資している。

Google は再生可能エネルギー産業にこれまで10億ドル以上を投資してきた。主な投資事例は以下の通り。

Google、カリフォルニア州の太陽光発電所に9,400万ドル提供
Google が加州の風力発電所建設に1億ドル超追加、総額1億5,700万ドル
Google、家庭向け太陽光発電の利用促進基金に2億8,000万ドル出資
Google、カリフォルニア州南部の風力発電所建設に5,500万ドル出資
Google が世界最大級の風力発電所に約1億ドル出資、住友と伊藤忠も
Google、世界最大の太陽熱発電施設に1億6,800万ドル出資
Google、ドイツの太陽光発電施設に500万ドル投資へ
Google、アイオワ州の風力発電所に7,500万ドル出資、1万5,000戸に再生可能エネルギー