企業向けクラウドサービスの米国 salesforce.com は5月30日、「Salesforce Company Communities」を発表した。

Salesforce Company Communities で、ソーシャルとモバイルに向けてイントラネットが一新され、企業は従業員とコンテンツ、アプリケーションを、いつでも様々なデバイスからつなぐことができるカスタムイントラネットを提供できるようになる、とのことだ。

salesforce.com の Salesforce Platform 担当 EVP、Mike Rosenbaum 氏は、次のようにコメントしている。

「膨大な数のイントラネット Web サイトに企業が投じている資金は年間20億ドルに上るが、実際にイントラネットを利用している従業員はほとんどいないのが現実だ。当社の Salesforce Company Communities によって、企業は従業員がいつでも必要な情報、人、アプリケーションにアクセスして活用できるソーシャル モバイルイントラネットを構築できる」

現時点では、Salesforce Company Communities の一般提供は2013年後半に開始される予定。料金は、一般提供開始時に発表される。