企業間電子商取引ソリューションのデータ・アプリケーション(DAL)は、アマゾン Web サービス(AWS)で、EDI(電子データ交換)パッケージソフトウェア「ACMS シリーズ」の動作検証を完了した。

「ACMS シリーズ」と AWS の「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を基盤とした、柔軟性と拡張性の高い EDI システムをクラウドで構築できるようになる。

Amazon EC2 で検証を完了したのは、企業内外システムとアプリケーションをシームレスに連携する B2B インテグレーションサーバー「ACMS E2X」、企業間でデータ連携がスムーズにできる環境を構築する B2B サーバー「ACMS B2B」、データ変換ツール「AnyTran」の3製品。

ACMS E2X と ACMS B2B は、企業間の様々な形態での電子商取引に対応する機能と、システムやアプリケーションの統合機能を1つのパッケージにしていることから、Amazon EC2 の EDI システムと、オンプレミスの基幹業務システムを連携し、B2B 業務プロセス全体をカバーするシステムとして運用できる。また、「ACMS シリーズ」は SAP など ERP と連携できるアダプタを備えている。

AnyTran は、国内外の各種 EDI 標準をはじめ、XML や SAP IDoc、CSV などあらゆる種類のフォーマットに対応した汎用フォーマット変換ツール。クラウドやオンプレミス各種システムやアプリケーション間など、様々なデータ交換の場面で、フォーマットの違いを吸収するツールとして利用できる。

DAL は、今回の検証完了にあわせて「AWS Partner Network」(APN)に加入、APN テクノロジーパートナーとして、6月5日、6日に開催の「AWS Summit Tokyo 2013」に出展する。

DAL が AWS で EDI パッケージの動作を検証、AWS パートナーネットワークに加入
DAL トップページ