IT インフラソリューションのネットワールドによると、IT サービスマネジメント(ITSM)会社の Blueship が、開発/テスト環境に、ネットワールドが販売する「FlexPod for VMware」(FlexPod)を導入、本稼働を開始した。

FlexPod は、IA サーバー「Cisco UCS」、データセンタースイッチ「Cisco Nexus」、ネットワークストレージ「NetApp FAS」、サーバー仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」を組み合わせた相互接続検証済みのパッケージで、短期間で導入できる。

これに加え、初期設定ではコマンド操作が必要な「Cisco Nexus」「NetApp」には、ネットワールドのパラメータ自動生成ツールを利用、データセンターの構築は実質1週間で完了したそうだ。

また、導入に際しては、FlexPod を完備した複合システム検証センター「GARAGE」(ガレージ)や教育プログラムなどで、ネットワールドが支援した。

Blueship では、自社開発の ITSM 自動化支援ソフトウェア「trinity」(トリニティ)やコンサルティングサービスを販売、ソフトウェアの構成管理やリリース管理を適切かつ効率的に行うソリューションを提供している。金融機関や官公庁/自治体などの基幹業務システムで実績があるが、最近は、マレーシアなどの海外市場にも進出している。

同社では、開発/テスト環境を構築する物理ハードウェアの増大が課題となっていた。数年前から VMware による仮想化にも着手したが、開発とテストでリソースをうまく融通できないなどの問題を抱えていた。そこで、複雑化するシステム環境を効率的に管理するソリューションとして、FlexPod を導入した。

Blueship では、将来的には「SnapMirror」などの NetApp データ保護機能も活用し、日本とマレーシア間での遠隔バックアップなども検討する計画がある。また、Cisco UCS でユニファイドコミュニケーション機能を統合すると、日本とマレーシア間で内線通話もできることから、今後のグローバル事業展開にも活用する予定。

IT サービス管理の Blueship、開発/テスト環境や社内業務システムに「FlexPod for VMware」を採用
導入構成イメージ図