米国 Twitter は、位置情報(ジオタグ)付きツイート(投稿)を地図上にプロットした画像を写真共有サイト「Flickr」で公開した。ツイートによって、都市の形や道路、航路が浮かび上がっている。

これらの画像は、2009年以降に投稿されたジオタグ付きツイート数十億個をすべて使って制作した。地図上の点が1つのツイートを表し、色がツイート数を示すという。

東京の画像は中心部のツイート密度がきわめて高いものの、皇居と思われる領域が空白になっている。2020年夏季オリンピック開催地の座を東京と争っているトルコのイスタンブールも、ツイートの密度が高い。

Twitter、位置情報付きツイートで地図を描画、東京は中心部がポッカリ空白
東京

イスタンブール
イスタンブール
欧州は、都市部と各都市を結ぶ道路が明確に画像化されているほか、航路も線となった。また、米国のニューヨークは、マンハッタン島の道路がよく判別できるが、セントラルパークの部分が空いていた。

欧州
欧州

ニューヨーク
ニューヨーク

なお、これまで Twitter は、日時に「1」が揃う「2011年11月11日11時11分」を取り上げたツイートのようすや、2011年3月11日の東日本大震災とそれにともなう津波が発生した際のツイートの流れなども映像化している。

震災前後の日本発/着ツイート返信の流れ