富士ゼロックスシステムサービスは、約9万文字のクラウド型文字基盤を提供する「Web 文字基盤サービス」を開始した。正確な文字表現が必要とされる行政や民間企業で、Web システム・サービスへの活用を見込む。

同サービスではシステム開発ベンダーに対し、PC に標準搭載されていない外字含む約9万文字を Web システムに組み込むアプリケーション インターフェイスの提供や、実装に必要なコンサルティングを行う。

利用企業は、Web システム開発時に同社のクラウド型文字基盤を HTML タグで埋め込むことでシステムへ適用できる。適用後、ユーザーは PC にフォントをインストールすることなく、Internet Explorer、Chrome、Firefox などの主要 Web ブラウザ上で文字入力・表示が可能になる。

富士ゼロックス、外字含む約9万文字を Web 上に表示するクラウド型「Web 文字基盤サービス」開始
サービスの概要イメージ

同社は、全国約1,000自治体で戸籍システムを構築した実績を元に、氏名や住所の文字データと国際標準に準拠した「IPAmj 明朝フォント」を合わせて文字基盤を構成。氏名、地名、中国簡体字などの文字表現を Web 上で正確に表示できるという。

価格は、1システムあたり600万円から。