KDDI は、5月30日13時4分より関東の一部地域で「4G LTE」データ通信サービスが利用できない、もしくは利用しづらい状態になっていた件について、同日23時50分に復旧できたと発表した。同社は昨日、18時間にわたる同様の通信障害を起こしたばかり。

この問題の原因は、LTE 基地局制御装置の故障。東京都/神奈川県/山梨県の一部でサービス障害が発生し、最大でおよそ64万台の端末が影響を受けたとしている。また、この障害の影響で正常な 3G データ通信サービスに利用が集中してしまい、前日の障害発生時と同じく 3G でも通信しにくい事態が発生したという。

また、音声通話は通常通り利用できていたはずだが、KDDI は「(LTE 以外の)その他のサービスへの影響については確認中」としている。