米国 Google は、Web ベース E メールサービス「Gmail」のデザインを一新した。受信トレイでタブが利用可能になった他、メッセージの自動ソート機能が追加されている。

Google、Gmail のデザインを一新 ― タブと自動ソートを追加
Gmail の新インターフェイス

TechCrunch はこの件を次のように伝えた。

「Google は5月29日、Gmail 受信トレイに新しい管理方式を導入した。新しいインターフェイスでは、受信トレイの上部に複数のタブが表示されるようになる。デフォルトで表示されるタブは、メインの受信トレイとなる『Primary』の他、『Social』『Promotions』『Updates』の3種類。今後 Gmail に送信されたメッセージは、Google+、Twitter、Facebook、YouTube といったサイトからのソーシャルアップデートは『Social』タブ内に、グルーポンなどからのクーポンや割引券などは『Promotions』に、請求書や領収書などは『Updates』に自動仕分けされるようになる」

CNET は、Google が Google Now で人気の高いカード型レイアウトを Gmail にも取り入れようとしていると指摘する。

「Googleは、Google Now で高い人気を持つカードレイアウトを、可能な限り多くのサービスに取り込もうとしてきた。Gmail は完全にカード化されたわけではない。だが、新しいインターフェイスは、よりタッチフレンドリーになっており、タッチ操作による E メールの整理がこれまでより簡単にできるようデザインされている」

Mashable は、Gmail インターフェイスのアップデート時期に触れている。

「Google は 公式 Blog で、Gmail の新しいインターフェイスを公開した。新しいデスクトップインターフェイスの適用は、一部ユーザーからスタートし、徐々にすべてのユーザーへと拡大される。iOS および Android 版のアップデートは、今後数週間で実施されるという。新しいインターフェイスが気に入らない利用者は、『クラシック』ビューに切り替えることも可能だ」

InformationWeek は、新しいインターフェイスを評価している。

「新しいインターフェイスは、受信メッセージを自動仕分けすることで、受信トレイに溢れるメッセージを減らすことを目指している。このインターフェイスを採用しても、利用者が受け取るメッセージの量が減るわけではない。だが、メッセージを分類し、タブ内に隠してしまえば、不要なメッセージを無視するのが簡単になるのは確かだ。目に付かないところにあれば、無いのと同じだからだ」
 
Gmail 新インターフェイス