ブルレーインク日本支社は、米国 Makerbot Replicator 製のデスクトップ型3D プリンタの新モデル「Replicator2X」を、6月から日本国内で販売する。価格は32万5,800円(税込)。

ブルレーインク、2色プリント対応の低価格3D プリンタ「Replicator2X」発売
Replicator2X

同製品は、積層ピッチ0.1mm、印刷可能領域1,041cm3と、低価格ながら高精密な機能を持つ。製作物の CAD データを SD カードから読み込み、線状に加工された樹脂を融解してノズルから射出しながら塗り重ねていく。このモデルは2つのノズルを備え、印刷を中断することなく2色の造形も可能だ。

造形には線状に加工された樹脂を使用
造形には、線状に加工された樹脂を使用

対応樹脂は PLA(ポリ乳酸)と ABS 樹脂。日用雑貨や玩具材料の ABS 樹脂は、PLA に比べ安い材料費で製作が可能だ。プリンタ用の ABS 樹脂は全24色、1kg 1万800円から購入できる。

カラフルな造形物も出力できる
造形物のサンプル

また、3D プリンタの心臓部ともなる造形プレートには、ブラックアルミニウムを採用。耐久性を考慮した陽極処理が施されており、平面精度が高い。このためプレート上にフィラメント(成形用樹脂)がつきやすく、湾曲やたるみも防止できるという。

現在、ブルレーインクは単色ノズルタイプの「Makerbot Replicator 2」も販売している。こちらは PLA 樹脂のみ利用でき、価格は26万4,800円(税込)。

なお、製造元の Makerbot Replicator が運営するコミュニティーサイト「Makerbot Thingiverse」には、2万点を超える3D 作品のデータが掲載されており、気に入ったものを無料でダウンロードして利用することもできる。

■Replicator2X の主な仕様

最大造形サイズ:X軸240mm×Y軸150mm×Z軸150mm
ノズル直径:0.4 mm
最高速度:80mm/s

外寸:幅320mm×奥行490mm×高さ380mm
重量:約13kg