NHK による放送技術などの研究・開発成果を展示する「NHK 技研公開2013」が、5月30日〜6月2日に、世田谷区の NHK 放送技術研究所で開催される。一般公開に先立ち、5月28日には報道関係者向けに展示内容が公開された。

今回の展示における目玉のひとつが、2013年中に NHK がサービス開始を予定している放送通信連携サービス「ハイブリッドキャスト(Hybridcast)」。HTML5 を利用したウェブコンテンツやアプリケーションと番組をリアルタイムで連動させる仕組みで、スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末との連携や、現行のデータ放送よりも詳細な情報提供が可能に。将来的には、インターネット上の様々な情報との連携や、従来よりも容易な視聴者の番組参加も目指しているという。

「ハイブリッドキャスト」実用化に向けて--「NHK 技研公開2013」で試行サービスのデモ版展示
ハイブリッドキャスト サービス例

◆より詳細な情報提供を‐年内に試行サービス開始へ

会場では、年内に NHK が試験的に開始する予定のハイブリッドキャストのサービス例として、「スクロールニュース」、「TV60 みのがし・なつかし」などが展示されている。

「スクロールニュース」は、テレビ画面の下部にニュースタイトルをスクロール表示させたり、テレビ画面に表示するコンテンツをカスタマイズできるなど、現行のデータ放送と比較してより視聴者のニーズに合わせた情報の提供が可能になり、利便性が向上すると考えられる。

「スクロールニュース」の画面例。コンテンツのカスタマイズも可能
「スクロールニュース」の画面例。コンテンツのカスタマイズも可能
 
一方、「TV みのがし・なつかし」は、見逃した番組や過去の番組をオンデマンドで視聴できるというもの。Wi-Fi ネットワークを通じて手元の携帯端末で操作ができ、端末で検索して選んだ番組をテレビで再生することができるという。携帯端末をリモコンのように使用することができるという高い操作性が特徴だ。

携帯端末と連動させることで、高い操作性を実現
携帯端末と連動させることで、高い操作性を実現
 
◆ハイブリッドキャストの更なる充実に向けた機能やサービスの研究も

ハイブリッドキャストをより充実させるために、番組とリアルタイムで連動するサービスの研究も行われている。

例えば、番組視聴中に「気になる」部分に“メモ”をつけて、詳細情報の検索・情報の共有ができる「テレビノート」。視聴者のつけた「いいね」や「気になる」をテレビ画面で共有したり、「気になる」もの(たとえば、出演者の着ている服など)の付加情報を見ることができるサービスで、番組配信側も、マーケティング要素を含んだデータを取得できるという。

番組にリアルタイムで“メモ”を残せる「テレビノート」
番組にリアルタイムで“メモ”を残せる「テレビノート」

また「関連情報アプリ」は、番組の内容に関連したインターネット上の様々な情報を閲覧したり、感想などを共有できるサービス。例えば、番組内容と関係の深い観光情報や商品情報といった民間企業の配信するインターネットコンテンツの組込みを目指しており、視聴者が必要とする情報をよりスムーズに提供していきたいとしている。

「四国のうどん」がテーマの番組なら、旅行会社のツアープランを表示
「四国のうどん」がテーマの番組なら、旅行会社のツアープランを表示
 
ただ、こういった番組連動型のサービスは、ひとつの番組に大量の関連情報やデータを付加する必要が出てくるほか、セキュリティ面での課題もあり、現在はまだ実用化に向けた研究段階だという。

一方、ソーシャルテレビサービス「teleda」のコンセプトを更に拡張した「teleda+(テレダプラス)」は、視聴者の“興味”を拡大していこうというもの。デモ版として、他の番組や国会図書館の所蔵データ、番組放送時のツイートまとめといったデータの中から、ある番組を中心として関連情報を表示するシステムが展示されている。

様々なデータベースと繋がることで、新たな“興味”を引き出す
様々なデータベースと繋がることで、新たな“興味”を引き出す
 
こちらも現在は基礎研究の段階で、実用化を目指した開発はハイブリッドキャストサービスそのものが実現してからになる見込みとのことだ。

ハイブリッドキャストに関しては、システムの技術仕様やメタデータの運用規定などが、今年の3月に公開されたばかり。受信機(テレビ)も含めて、これから更に実用化に向けた開発が進むだろうと考えられる。