日本 IBM は、企業向けのクラウドサービス「IBM SmarterCloud」を拡充、IaaS クラウド基盤サービス「IBM SmarterCloud Enterprise」(IBM SCE)と、アプリケーション開発環境とアプリケーションライフサイクル全体の管理機能を統合する PaaS クラウドサービス「IBM SmarterCloud Application Services」(IBM SCAS)の両サービスを強化する。

機能強化された「IBM SCE R2.3」は、「IBM SCAS」と合わせて最大60日間トライアルで利用できる。また「IBM SCAS R1.1」は、6月28日からグローバルでサービスを開始する。

IBM SCE は、全世界6か所の IBM データセンターを連携/統合、世界中どこからでも同じサービスを利用できる企業向けパブリッククラウドサービス。SLA(サービスレベルアグリーメント)は99.9%。

IBM SCE R2.3 では、すべてのユーザーがオブジェクトストレージを利用できるようになった。オブジェクトストレージは、オフィス文書/音声/画像/動画などの大容量データの保管に適したサービスで、世界中どこからでも保管、アクセスできる。

また、すべてのユーザーが Windows インポート/コピー機能を利用できるようになった。これにより、顧客企業は自社の Windows Server をIBM SCE に導入して使用できるようになる。

さらに、価格を平均20%(64bit 構成、「コッパー」、Windows Server の場合は39%)値下げした。

IBM SCAS では、クラウドアプリケーション開発環境とアプリケーションライフサイクル全体の管理機能を統合して管理できる開発速度を速め、管理負担やコストを軽減できるという。IBM が推進するパターンベースドテクノロジーを実装しており、アプリケーションの開発/構成/統合/保守など必要な情報をあらかじめ定義したパターンや仮想イメージを活用、開発期間を短縮化、ライフサイクル管理を効率化、運用をセミオートメーション化できる。

IBM SCAS R1.1 では、モバイルアプリケーション開発環境向けパターンや、稼働中の VM 監視機能が追加された。データベースパターンの機能も強化、DB スナップ ショットの取得やクローニングができるようになった。

日本 IBM がクラウドサービスの機能を拡充―オブジェクトストレージ、VM 監視機能など
日本 IBM トップページ