今年11回目を迎えた米国メディア All Things Digital によるカンファレンス「D11」において、Apple CEO である Tim Cook 氏は、iOS 7 の開発に Jony Ive 氏が関わっていることを正式に認めた。All Things Digital が伝えている。

同メディアが伝えたところによれば、Cook 氏は Ive 氏が次期バージョンの iOS に関わっているのかという質問に対し、次のように答えたという。

「もちろんだ。Jony は iOS 7 の開発で重要な役割を担っている」

Cook 氏、iOS 7 は WWDC で公開、Jony Ive 氏が開発に関わっているのは事実
Apple の Jony Ive 氏

Cook 氏は、Ive 氏が iOS 7 の開発に関わったことで、Apple が目指してきたハードウェアとソフトウェアの融合が、一歩前進したと述べる。

「我々は Jony が長年に渡り、Apple 製ハードウェアのルック&フィールに大きな貢献をしてきたことを認識しており、ソフトウェアに対しても同じことができるだろうと考えた。これは、素晴らしいアイディアだった」

Cook 氏は、iOS と OS X の新バージョンは、6月10日からサンフランシスコで開催される技術者向けカンファレンス「WWDC2013」で公開されると述べた。