米航空宇宙局(NASA)は、米国 Systems & Materials Research Corporation(SMRC)の3D フードプリンタ開発に対し、6か月で12万5,000ドルの助成金を支給した。SMRC のエンジニア Anjan Contractor 氏が、米国 QUARTZ に語った記事によると、既にクッキーにチョコレートをプリントする装置を開発したという。
 
クッキーにチョコレートをプリントするプロトタイプ装置
クッキーにチョコレートをプリントする3D プリンタ(出典:SMRC)

中小企業技術革新研究プログラム(SBIR)に基づき NASA から助成金を受けた同氏は、火星などに長期滞在する宇宙飛行士向けに、3D プリンタで食事を出力するシステムのプロトタイプ開発にあたる。

同氏によると、宇宙空間では食糧を粉末状にして長期保存することが望ましく、各材料ごとに独立したレイヤーでプリントできる“ピザ”が、最も3D プリントに適しているという。現段階でのピザ生成過程は、まず土台生地をプリントすると同時にプリンタの上で焼き上げながら、トマトパウダーや水、油を混ぜたソース層を重ねていき、最後に肉や乳、植物由来の“タンパク質層”をプリントする。

また、3D プリンタで食事を出力する主な利点は「個人に合わせた栄養素を供給できること」と同氏は主張する。3D フードプリンタの開発が更に進めば、性別や体調に応じて個人のニーズをプログラムし、最適な栄養価の食事をプリントできるようになるという。宇宙空間に限らず、地球の人口が最大規模に達するであろう未来に向け、世界の食糧難を救うべく開発を進めていくそうだ。

なお、この“ピザプリンタ”の構造についてはまだ概念的な段階にあり、同氏は2週間以内に製作を開始するとのこと。
 
3D フードプリンタの構造(出典:SMRC)
3D フードプリンタの構造(出典:SMRC)