シマンテックは、クラウド向けにシングルサインオン/アクセス制御/コンプライアンスの3つを提供する新しい統合セキュリティサービス「Symantec O3」を発表、販売を開始した。

Symantec O3 は、多種多様で管理が難しいクラウドサービスに、場所、時間を問わず様々なデバイスからアクセスできるようにする、高度なセキュリティ ゲートウェイサービス。

クラウドサービス利用者は、アクセス制御されたセキュアなシングルサインオンでアプリケーションを利用、管理者は、統合された管理者コンソールから、利用者すべてのアクセスを制御できる。

Symantec O3 には、セキュリティポリシーの実施とコンプライアンス対策が、管理者コンソールを通じて目に見える形で実施できるメリットがあるほか、クラウド型セキュリティサービス「Symantec Validation & ID Protection」を内蔵しており、ワンタイムパスワードによる強固な二要素認証も実施できる。

参考価格は、年間1ユーザーあたり 3,000円から(1万人規模で導入の場合)。

シマンテック、シングルサインオンとアクセス制御ができるクラウド新サービスを開始
シマンテックのトップページ