米国 Yahoo! は、若者に人気が高く、モバイル分野に強いブログサイト「Tumblr」を11億ドルで買収すると発表した。Yahoo! は声明の中で「Tumblr は独立した別個のビジネスとして運用する」と強調し、Tumblr を「台無しにはしない」と約束している。この声明からは、2005年3月に実施された Flickr の買収で学んだ教訓を、今回の買収に活かそうとする Yahoo! の意志が読み取れる。

Yahoo! が当時人気の高かった画像共有サイト Flickr を3,500万ドルで買収した際、Flickr の共同創業者である Caterina Fake 氏は、Blog に次の投稿をしていた。

「我々は、Flickr を成長させ、変化させていく。その一方で、現在のマネジメントスタッフとチームは維持していく」

米国 Yahoo!、Tumblr を11億ドルで買収 ― Flickr 買収失敗の教訓は活かされるのか?
Yahoo! が2005年に買収した Flickr

だが、Caterina Fake 氏を含むマネジメントスタッフと、Flickr のオリジナルメンバーの大半は、2008年に Flickr を去ることになる。続く数年間で、Flickr はその写真共有サイトとしてのリーディングポジションを徐々に失っていく。Yahoo! への統合が進むことで、熱意ある写真家からの支持を失っただけでなく、他のモバイルサービス、ソーシャルメディアサービスからの追撃も受けた。最大の競合は、昨年 Facebook に10億ドルで買収された、Instagram だ。

Tumblr の買収では、Yahoo! は Flickr での轍は踏まないと強調している。

Yahoo! は声明の中で、Tumblr 創業者である「David Karp 氏が CEO に留まる」と述べている。Karp 氏は、同氏と Yahoo! CEO である Marissa Meyer 氏のチームは、Flickr での失敗は繰り返さないという決意を示すメッセージを表明している。

「Yahoo! は最初のインターネット企業の1つであり、Marissa 氏と同氏のチームは、『インターネットを究極の想像的なキャンバスにする』という我々の夢を共有してくれている。Marissa 氏の協力を得られることは、これまでにない喜びだ。我々はまた、我々のコミュニティや製品の愛好者をがっかりさせない形での、Tumblr の収益化に対するビジョンも共有している」

今回、Yahoo! が買収する Tumblr
今回、Yahoo! が買収する Tumblr

Yahoo! にとって、Tumblr の魅力は、その巨大なユーザーベースにある。Marissa 氏は声明で、次のように説明している。

「Tumblr には、3億を超える月間利用者が存在し、毎日12万人が新たにサインアップしている。Tumblr ユーザーはまた、多くの時間を同プラットフォーム上で過ごす傾向を持ち、毎月240億分を費やしている」

Marissa 氏はさらに続ける。

「Tumblr は世界で最も速いペースで成長を続けるメディアネットワークの1つ。Tumblr には、1億500万を超える Blog と500億の投稿がある」

これによって、Yahoo! へのトラフィックは20%増加することが予測されているという。Yahoo! のオーディエンスは50%増加し、Yahoo! のビジター数は、毎月10億を超えることになると見込まれている。

今回の買収は、今年後半に完了予定となっている。

Pedro Hernandez は、InternetNews.com の編集者。Twitter でのフォローは、「@ecoINSITE」で。