情報通信研究機構(NICT)は、日本時間5月13日から15日にかけ太陽表面で大型の「Xクラス」に分類される太陽フレアの発生を4回確認したと発表。この規模の太陽フレアは通常に比べ最大100倍以上強力なX線を放出するため、今後2週間以内に同様の現象が起きると人工衛星の障害、GPS 測位の誤差増大、短波通信の障害、電力送電線への影響などが懸念され、注意を呼びかけている。

大規模な太陽フレア発生が相次ぐ、今後2週間は人工衛星/GPS/通信の障害に警戒が必要
今回の太陽フレアを起こした黒点群「1748」
(左:可視光、右:紫外線)

太陽フレアとは、太陽の黒点群で生じる爆発現象。爆発にともなって強力な紫外線/X 線などの電磁波や高温ガスが放出され、地球を取り巻く宇宙環境や地球の電離圏、地磁気を乱したり、人工衛星の電子回路、送電線に悪影響を与えたりすることがある。規模に応じて A、B、C、M、X というクラスに分類され、X クラスは最大規模となる。

今回 NICT が発生を確認した X クラスの太陽フレアは、13日10時53分「発生規模 X1.7」、14日0時48分「同 X2.8」、14日9時58分「同 X3.2」、15日10時25分「同 X1.2」の4回。これにともない、稚内、東京、沖縄上空の電離圏で漁業無線や航空無線などの短波通信に障害が起きるデリンジャー現象も観測されたという。いずれの太陽フレアも、発生源はその時点で太陽面の東端にあった黒点群「1748」。放出された高温ガスの噴出方向は地球に向かっていなかったため、ガスによる影響はないと予測している。

今回の太陽フレアにともなって放出された X 線
今回の太陽フレアにともなって放出された X 線

問題の黒点群は非常に活動が活発で、これから太陽の自転によって今後1週間ほどで地球の正面方向を向き、その後ほぼ1週間で太陽面西端に移動する見通し。この期間に同規模の太陽フレアが発生すると、黒点が地球に対面した形であるため高温ガスが地球に向けて放出され、悪影響が極めて大きくなる恐れがある。

なお、NICT は太陽活動や宇宙環境変動の情報を「NICT宇宙天気予報ポータルサイト」「NICT電波伝播障害情報」などで提供している。

NICT 宇宙天気予報ポータルサイト
NICT 宇宙天気予報ポータルサイト