PHP 技術者認定機構は、5月11日に、2011年4月開始から約2年で受験者総数が1,000名を超えたことを発表した。

日本国内に約20万人いると言われる PHP エンジニアだが、ソーシャルメディアや CMS(コンテンツ管理システム)の普及で、全世界の40%の Web サイトが PHP で開発されるまでになった。

現在 PHP エンジニアは、インターネットの中心技術者として、ここ数年、慢性的な人材不足に陥っている。

PHP 技術者認定機構は、PHP の標準スキルを出題する PHP 技術者認定試験を、全国200か所近い試験センターで実施しており、PHP 技術者認定試験の合格者は、PHP の標準スキルを身に付けた Web エンジニアとして、高く評価されるようになった。

PHP 技術者認定試験、国内受験者数が1,000人を突破
PHP 技術者認定機構トップページ