ソニーコンピュータサイエンス研究所は、Web 上のテキスト情報を音声再生するスマートフォン向け音声合成ラジオアプリケーション「Oto-Latte(オトラテ)」の提供を開始した。対応 OS は iOS 6.0 以上の iPhone などの端末。iTunes App Store より無償でダウンロードできる。

同アプリは、同社が独自開発した音声合成技術を用いて、Web 上のテキスト情報をバックミュージックと共にラジオのように再生する。満員電車や家事の合間など、スマートフォンを直接操作しにくい状況でも、“ウェブを聴く”という新しいスタイルで情報が得られるという。音声再生はコンテンツの冒頭部分のみだが、気になった記事は一時保存したり、その場で全文を参照することも可能だ。

ソニー CSL、Web 上のテキスト情報を“聴く”アプリ「Oto-Latte」を提供開始
ニュース記事などのテキスト情報をラジオのように再生する

また、ニュースや音楽、天気など好みのコンテンツをまとめて、自分専用の“番組”として編集できる。登録した各番組の情報は定期的に更新され、その日の最新情報が再生される。

ライフスタイルに合わせて好みの番組を編集できる
ライフスタイルに合わせて好みの番組を編集できる

現在、テキストコンテンツを提供しているのは、毎日新聞デジタルやウェザーマップ、メディアジーンなどの7社。ダウンロード後、すぐに聞ける生活シーン別のプリセット番組も用意されている。

同社は今後、ニュースコンテンツ/SNS との連携拡充や、キャラ声など自分の好きな声で聴けるサービスを追加しながら、好きなコンテンツを“聴く”新しい音のプラットフォーム作りを目指し開発を進めていくという。

なお、Android 版は 2013年5月末までに提供開始の予定。